« 2007年7月 | トップページ

ギターリペア

ギターリペアはもちろんなれているひとなら自分でギターリペアしてもいいんですが、本来はリペアマンに任せてギターリペアはやってもらったほうが言いに決まっています。」ショップによってはギターリペアは無料でやってくれるショップはあります。
例えばそう、ギターショップの数だけあるといっても間違いないでしょう。埼玉、札幌、東京、神奈川、東海、渋谷、町田、関西、千葉、
名古屋、御茶ノ水、横浜、福岡、大阪、広島、柏、滋賀、横浜、岐阜
ずらりと地名を挙げましたが、お店の数だけギターリペアをしてくれるところはあります。
無理にギターリペアを自分でやることはないのかなあと思います。技術のあるクラフトマンにかないますか?毎月のリペアでギターショップに通うのも楽しいものですよ。順反りしてしまったギターを、逆反りしたアコースティックギターを直すのに費やす時間をギターの練習に当てたほうがいいジャンとも思います。ギターリペアはプロに任せるのが安心ではないかなあと思ってます。ギターリペアの料金が有料のところもそれなりに費用対効果はあると考えます。
ギターリペアショップでは打ち直ししてもらいながらアコギの話で盛り上がるのもいいものです。アコースティックリペアショップではやはり瞬のギターの話が聞けるので料金を超えた楽しみがあるでしょう。
クラシックもおなじですね。
ギターアンプもリペアの最中に何がいいプリアンプか聞きながら取り付けました。工具をあれこれ買い揃えるよりもいいです。
マーチンやギブソンのアコースティックギターはメンテナンスでいい音になっていきますから、ネック反り等は注意していきましょう。
ネックヒビのようなギターの深刻なダメージは自分でできるわけもないでしょうし。
ビンテージギターなどは打痕跡などは気にせずにつかえるサウンドが売りのギターですからリペアした後のアコースティックギターは復活!って感じですね。
このようなギターリペアの話とかショップの調査にはギターWBGというサイトが便利です。

ギターWBG

リンク集ページ

随時相互リンクも募集しています。

無料の相互リンク SEO 対策!相互リンク・申込み 無料で相互リンク SEO 対策・相互リンク SEO 対策・相互リンク 検索エンジンと相互リンク SEO・アクセスアップ

ギター修理

ギター修理のことが木にかかります。ギター修理中だからです。ビンテージのギブソンなのですがだいぶフレットも磨り減ってきたのでギター修理のついでに取り替えます。ギター修理をすることになったのはギターアンプにつないだときになんだか音の調子が悪いからです。
ギターケースの修理も頼もうか迷ったのですがこれは後回しにしました。家には殻のケースがおいてあります。アコースティックギターなので年季が入ると音もどんどん良くなってきたのですが、かわりにダメージも受けているようです。移動も多く、大阪出張のときも東京からギターを持っていきました。ギター修理店を探すのに一苦労しましたが、何とか見つけ出先でも直してもらったことがあります。
フレットのそりは木にかかるんですよね。季節によっては毎月2,3回行くこともあります。
千葉や名古屋でもギター修理に行きましたね。真空管アンプの調子もビmy法奈ことがあり、修理を頼みましたがギター修理の場合はどちらかというと健康診断見たいものですね。あ、福岡でもギター修理したなあ。
壊れすぎ?
いとしのフォークギターは繊細なのですよ。
こうなったら京都・神奈川県・札幌と全国制覇するかなあ。
ネック折れ食らい重大なギター修理の場合ならへこみますが、メンテナンスだからねえ。

« 2007年7月 | トップページ